logo logo loading

半田めんの小野製麺【公式サイト】

SCROLL

facebook

Copyright(c)ONOSEIMEN Co.,Ltd. All rights reserved.

おいしい麺を味わって頂きたいそんな想いでつくり続けています

手延半田めん

手延半田めんの小野製麺

小野製麺は徳島県美馬郡つるぎ町(旧半田町)に、戦前から代々製麺業を営んでおります。本家で伝統的な製麺技術を学び、それを受け継ぐため独立、1975年に小野製麺を設立しました。当初は、地元での消費が主でしたが“コシ”と“うまみ”のある「半田めん」が評判になり、百貨店様を中心に量販店様等からのお声で販路を広げて参りました。今では小野製麺の「半田めん」を、たくさんの方々が手に取ってくださり、そして召し上がってくださったお客様からいただく温かいお言葉に感謝の気持ちで一杯です。
阿波徳島の自然が育んだ麺線の太い「半田めん」の300年余の伝統を守り、小野製麺はいつの時代もおいしさを追求し、安心していただける麺をつくり続けます。そして、通信販売を通して、全国の方々においしい麺を味わっていただきたいと想っております。

COMPANY

facebook

Copyright(c)ONOSEIMEN Co.,Ltd. All rights reserved.

弾むような歯応えつるりとしたのど越しは手延麺ならでは

手延半田めん

半田めんといえば小野製麺

徳島県美馬郡つるぎ町(旧半田町)には、そうめんづくりを営んでいる家が約40軒あります。その半田地区でつくられたものだけを『半田そうめん』といいます。
昔は弊社も、『半田そうめん』の名称で販売しておりましたが、今から約30年前、料理研究家の故・土井勝先生が弊社商品を大変気に入ってくださり、先代社長がお会いする機会をいただきました。その折、土井先生より「商品名を『半田めん』にしたほうがいいよ」というお言葉をいただきました。小野製麺がつくるそうめんを『半田めん』とすることで、たくさんある『半田そうめん』と差別化を図ることをご提案いただきました。以後、『半田めん』とさせていただいたのが始まりです。
同じ『半田そうめん』でも、原料や製法で味が異なります。小野製麺の独自に厳選した原料を使い、代々続く製麺技術でつくった『半田めん』を、ぜひご賞味ください。

HANDAMEN

facebook

Copyright(c)ONOSEIMEN Co.,Ltd. All rights reserved.

品質にこだわりすべての商品に安心・安全とおいしいを届けたい

手延半田めん

安心・安全品質へのこだわり

弊社ではお客さまに、安心で安全な商品をお届けできるよう従業員一同、衛生管理に、気を抜くことなく取り組んでおります。 品質の安定した麺を作るため、製造は室温と湿度が一定に保たれた衛生的な工場で行い、弊社従業員は、生産工程管理講習の受講や食品と安全性の向上に努めています。
ホームページからのご注文はもちろんですが、お電話でのご注文も専門スタッフが承ります。また、弊社スタッフが、発送完了まで責任をもって全てを行っております。ご購入いただいた後も、お客さまからいただきますお問合せに、丁寧に対応させていただきます。

QUOLITY

facebook

Copyright(c)ONOSEIMEN Co.,Ltd. All rights reserved.

私たちはお客さまの笑顔のため真摯なサービスに努めて参ります

手延半田めん

小野製麺のサポート体制

お客様からのご注文をお受けするのは、外部のコールセンターではなく、小野製麺で机を並べるスタッフです。全員が商品知識や経験が豊富ですので、お気軽にご質問・ご相談ください。お姿の見えないお客様にも感謝の心を忘れず、気持ちのよい丁寧な対応を心がける。お客様のご要望にできる限りお応えする。 爽やかな笑顔と気持ちのよい話し方は、お客様に半田めんをおいしく召し上がっていただく第一歩。お尋ねの内容を分かりやすく説明させていただきます。そうした日々の心がけが、半田めんの味をさらにおいしくすると信じています。 商品のご注文は、電話・FAX・メール・ハガキのすべてに対応しています。半田めんに関することなら、小さなことでもお気軽にお尋ねください。

SUPPORT

facebook

Copyright(c)ONOSEIMEN Co.,Ltd. All rights reserved.

小野製麺 公式オンラインショップONLINE SHOP小野製麺 公式オンラインショップONLINE SHOP

そうめんはご家庭で気軽に食べられるものですが、
小野製麺は麺のコシ、のど越し、
味わいにこだわっています。
ぜひとも半田めんを一度ご賞味ください。

facebook

Copyright(c)ONOSEIMEN Co.,Ltd. All rights reserved.